2018年01月一覧

男性に増えている薄毛の原因は男性型脱毛症(AGA)の可能性大!

髪の毛の悩みは年齢が若いほど深刻かもしれません。

老年期に起こる抜け毛とは異なり比較的若い時期に抜け毛が増えるのは男性型脱毛の可能性があります。

しかし、抜け毛が多いと思っていても1日100本程度であれば自然な毛髪サイクルなので、心配無用です。

抜け毛の本数より抜け毛が短く細い毛髪が多いと男性型脱毛(AGA)の可能性が高まります。

育毛剤は正しい使い方をしないと、効果が出ないとされています。

一般的には、夜シャンプーなどで髪を洗い、頭皮の汚れや古い角質を取り去った状態で育毛剤を使用することがベストでしょう。

お風呂のお湯に浸かって血液の循環を良くすれば、育毛のためにもなりますし、睡眠の質も上がります。

育毛に効果的なのは運動であるといわれても、いまひとつわかりにくいですね。

しかし、体をあまり動かさない状態では血行が悪くなりやすいですし、脂肪を溜め込みやすくなってしまうでしょう。

育毛に有効な栄養も血行が良くないと頭皮まで行き渡らなくなりますし、肥満は髪を薄くさせる一因です。

体に負担のない範囲で運動するようにして健やかな髪を育てましょう。

育毛剤の科学的な根拠は配合されている内容物質によってそれぞれでありますから、現状の自分の頭皮に合ったものをセレクトするといいでしょう。

価格がはる育毛剤ほど薄毛を改善する効果が著しくなるかというと、沿うとは限りません。

配合されている物質と量が本人に合っているかが重要です。

若いときから薄毛に悩んでいる男性型脱毛(AGA)いわゆる若ハゲの方、男性にとって避けて通れない前立腺ガンのリスクが高まるかもしれないという情報があります。

この調査は米国人男性4千人を対象に21年間調査され、AGA(脱毛症)の男性は脱毛症状がない男性と比べて、前立腺ガンによる死亡率が56%も高かったのです。

この調査だけではまだ何とも言えませんが、男性ホルモンのテストステロンがAGAにも前立腺ガンにも関係しているという証拠かもしれません。

男性型脱毛症(AGA)だけでも十分不安なのにさらに悪い情報ですが、前立腺ガンへの備えも必要です。

若ハゲに悩んでいる男性は、育毛や発毛に関するさまざまな噂を耳にしていると思いますが正しい情報を知っておきましょう。

ネット上ではさまざまなAGA対策や発毛・育毛方法が見られますが、いわゆる都市伝説とも言える怪しい情報も少なくありません。

最近発表された薄毛理論に「頭脳明晰な人や運動センスがある人は若ハゲになりやすい」という意外な薄毛根拠説がありますが、これはある意味正しい理論だ沿うです。

なぜなら若ハゲは男性ホルモンのテストステロンが育毛を阻害することが知られています、問題のテストステロン(男性ホルモン)は運動神経や頭脳の発達をも刺激するので、スポーツ能力の高さや頭脳明晰さと男性型脱毛症が関係深いとも言えるのです。

ただ、AGAは男性ホルモン(テストステロン)による刺激だけでなく毛髪部分のテストステロンに対する感受性に左右され、男性ホルモンの感受性が低ければAGAにはならないのです。

男性として一番良いのは、男性ホルモンはしっかり分泌しながら、毛髪の男性ホルモンへの感受性が低く、いつまでもフサフサという人間になることですね。

青汁が髪を育てるのに有効かといえば、髪を育てるのに不足している栄養素をやしなうためには効果的であるかもしれません。

ビタミンやミネラルといったものを青汁は多く含有しているので、髪を育てるのに重要な栄養を満たしてくれるでしょう。

というものの、青汁だけで髪が育つわけではないので、バランス良くご飯を取り体を動かし、よく眠ることなども重要です。

市販の育毛剤を使用すると、副作用が発症するのかというと、配合されているものが強い成分であったり、濃度が高レベルであったりすると、副作用が発生する可能性があります。

使用法が間違っている際にも、副作用が起きうることがあるでしょう。

まずは使用方法をよく読んでから使用し、何らかの異変に気付いたら、使用を止めてください。

育毛剤を使って時間が経つと、初期脱毛が気になる方もいます。

髪の毛の量が増えればいいなと思って育毛剤のお世話になっているのに髪の毛が抜けるようなら、使用を中止したくなりますよね。

でも、これは育毛剤の効果の証明だと考えられるので、ぐっとこらえて継続して使用するようにしてください。

約1か月我慢すると少しずつ髪が増えてきたのを実感できるでしょう。

髪が薄くなったのがAGAのためであるときは、平凡な育毛剤は効果が期待されません。

配合成分にAGAに対して効果のあるものがふくまれている育毛剤を使用するか、「AGA治療」を選択する方が良いのではないでしょうか。

AGAの人は、早い段階で対策をしなければ、薄毛の進行は止まらないので、悩む暇があるならば何らかの手段をとりましょう。

あわせて読むとおすすめ⇒薄毛治療クリニック